検索
  • aandzhouse

ホテル・リノベーション

最終更新: 2019年12月15日

JR新宿駅西口を降り、シャトルバスに乗って三省堂新宿ビル(現住友不動産西新宿ビル3号館)に行っていたのは1989年ごろだったか。同じ十二社通りに面して1979年オープンの新宿ニューシティホテルがあった。

時は移りインバウンドの大きな波、築39年の建物と新宿中央公園の先のロケーションがどの程度ディスアドバンテージになっていたかはわからないが、2018年8月ドラスティックにリニューアルし、「THE KNOT TOKYO Shinjuku」がオープンした。

久しぶりに歩いた「十二社通り」思いがけない変化に接し、ホテルのベーカリーでパンを買い珈琲を求め、シェアオフィスのようなホテルのロビーで、写してきた写真の整理をした。

400室以上客室のホテルのリノベーション、耐震工事をし、エントランス、レストラン、フロント、客室のダイナミックな変更、昔の面影は外観に残っている。

1989年の頃、ホテル専用シャトルバスがホテルの前止まっていたのを見かけていた頃が懐かしく思い出される。あの頃から30年、ホテルは変われども同じ場所、宿泊客じゃなくても、気軽に利用できるロビーの大きなテーブルでパソコンを広げるとは夢にも思わなかった。

古い建物をどう利用するか、新しくなることだけではない、リノベーションのヒントが詰まってる。建物が何であったか、ロケーション、周辺にあるもの、リノベして何にするか、このホテルには、昔あった無料のシャトルバスサービスはない。





11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示