検索
  • aandzhouse

汽笛一声新橋を

駅は東西に線路が走っているという先入観があって、新橋駅から東京駅へは東に向かうという錯覚に陥る。

東京、東の京都という言葉上のこともあるのだけど、東西に走る阪神間の鉄道が今でも頭に残っているからなのか。

なので、新橋駅東口地区再開発と聞くと一瞬戸惑いを感じてしまう。

新橋駅前ビル1号館・2号館は、新橋駅の東側にある。ビルの建つ、外堀通り、第一京浜、JRの線路東側に囲まれた三角地帯(約1.9ha)の新橋駅東口地区再開発は進んでいるようだ。

先の東京オリンピックの2年後の1966年に竣工した築54年のビルは、2022年に取り壊しが始まる予定らしい。

縦にスリットの入ったガラス格子の外観は、今でもモダンな佇まいのままだ。

現在の旧新橋停車場の建物が、駅舎の一部として移築されるといいなぁと思ったりもする。




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示