検索
  • aandzhouse

受験の街

 代々木ゼミナール本部校の旧校舎があった頃の記憶はない、というより、代々木に出てもこの通りに行ったことがないのが正確なところだ。

 2011年11月18日、600坪を超える校舎跡地に「代々木Village」がオープンした。

綜合プロデュースは、音楽プロデューサーとして有名な小林武史氏、まさに、街なかに出現した植物園の中の商業施設、コンテナゾーンにはコンテナを積み上げた店舗が、色々な樹木、草木の中にあり、都心のオアシスといった感がある。

 敷地内には、和のイタリアンレストラン、アナログレコードが迫力のミュージックバー、森の中の産直バル、自家製酵母をつかったベーカリー、十五穀米の和風カレー、アットホームなミートバー、スペシャルティコーヒーのカフェ、都心のオアシスを楽しめる店舗もそろって、ランチタイム、ディナーと楽しめる。

 代々木Villageを象徴するガーデンには、世界各地で集めた120種類以上の植物があるといわれる、ガーデンに一歩はいると、異国情緒感がただよっているのは、このことによるのかもしれない。コンテナゾーンの2階には、ガーデンをてがけた「そら植物園」のSHOPがある。

 現在(2019年11月)、代々木駅前はビル解体、建設が進んでいる、代々木から千駄ヶ谷方面、新国立競技場がオリンピック前の竣工に向けて準備が進んでいる。新競技場前の道路反対側にはプレミアムホテルが2019年11月にオープンする。新宿、渋谷の狭間の受験のまちのこれからの変化が楽しくなってくる。






3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示